名著探訪「ABC殺人事件」

目次

基本情報

  • 著者:アガサ・クリスティ
  • 出版年:2003年11月11日 第1刷発行
  • 発行所:早川書房
  • 言語:日本語

概要

私はいわゆる読書家である。一番好きな分野は推理小説で、それも古典が好物だ。私の勝手な認識だが、血統ファンは過去の歴史を辿ること、探索することが本質的に好きである。よって、たとえ現在関心がない方でも、潜在的には推理小説の虜になる可能性が大いにあると思う。

今からかなり強引な論法を持ち出すので呆れずに訊いていただきたいのだが、前回ご紹介したセントレジャーステークスは伝統的にドンカスター競馬場で開催されている。私が知る限り、このセントレジャーステークスとドンカスター競馬場が物語の重要な場面で登場する推理小説がこの世の中にたった一つだけある。それが、”ミステリーの女王”ことアガサ・クリスティの傑作「ABC殺人事件」である!

これはあまりにも有名な小説なので必ずや訊き憶えがあるだろう。アンドーヴァー(Andover)の街でイニシャルがAの老婦人が殺害され、ベクスヒル(Bexhill)の海岸でイニシャルがBの若い女性が絞殺され…という流れで殺人が続き、被害者が出る度にCの街、Dの街へと物語の舞台が移っていく。そして、このDの舞台こそドンカスター(Doncaster)であり、謎の殺人鬼が新たな犯行を予告したその日こそ、セントレジャーステークスの開催日だったのだ!

ちなみに、作中では、名探偵エルキュール・ポアロが犯人の手掛かりを求める作戦会議の席で、ロイヤルアスコットに触れる一幕もある。これもまた、読了後に読み返してみると効果的なシーンであることが分かり、ミステリーの女王一流のプロットを堪能できるだろう。血統や競馬とはあまり関係ない書籍を勧めて恐縮ではあるが、未読の方はぜひ、これを機に古典的推理小説の世界を訪れて欲しい。

関連記事

私たちがいる限り、ヘロド系は終わらない。
目次
閉じる